デリケートな部分のメンズ脱毛は痛い?

メンズ脱毛の中でもデリケート部分に関心を示す人が増えていますが、この部分の脱毛は痛いのでしょうか。施術方法によって痛みの度合いが違う点をチェックしていきましょう。

 

衝撃

 

デリケートな部分のメンズ脱毛は全体的に痛い

 

デリケートゾーンは身体のどこの部分よりも一番痛みを感じます。個人差はありますが、一般的に痛みが強く感じる順に説明していきます。デリケート部位の中でも肛門周辺は、皮膚がとても薄く神経に触れているかのように鋭く痛みます。睾丸を包む陰嚢と陰茎周囲も肛門に次いで痛みが強いです。

 

ビキニラインは太い毛が密集して生えている部位なのに皮膚が柔らかいので痛いのです。この部分はヒゲ脱毛経験者なら想像しやすいと思いますが、顎の下側首回りや鼻の下に匹敵するくらい痛いです。しかしこの痛みを軽減する方法があれば知りたいと思われませんか?

 

脱毛するときの痛みを減らす方法がある

 

まず施術方法には医療レーザー脱毛、ニードル脱毛と光脱毛があります。医療レーザー脱毛と光脱毛は熱の力を利用しますので、施術中に痛くて耐えがたい場合は少し熱量弱めてもらいましょう。

 

また、医療機関で医療レーザー脱毛やニードル脱毛するなら、効果もそれなりにある麻酔クリームを使用するよう事前に依頼することもできます。しかし危険ですので自分で市販の麻酔クリームは塗らないようにしましょう。

 

その他には比較的新しい脱毛機器には、冷却装置が付いている物もありますので施術前、中、後に十分に冷すなら炎症を抑える効果もあり痛みの軽減に有効です。

 

デリケートな部分の脱毛は強い痛みを伴いますが、怖がって一歩を踏み出さないなら意味がありません。正しい痛み軽減対策を取るなら恐れることなく自信をもってデリケートな部分の脱毛に臨めるでしょう

メンズ脱毛